ここから本文です


キャッチボールして個人を嵌め込み

・ディーラーが見る板情報では、各々の注文がどこから出てるかわかる(個人投資家、機関投資家の種別が丸分かり)

・企業業績変化等のほとんどの情報を一般投資家より何ヶ月も早く知っており、自分らが仕込み完了するまで、それを公表しない(すなわち全てがインサイダーに該当)

○重要材料発表前にインサイダーは当たり前

・政治家らも当然、証券自己のイカサマ操作で儲けさせてもらってるので時折、証券会社にとって都合のいいような発言をして国民を煽る。
(マスゴミ報道や、レーティング発表、証券会社自身の推奨銘柄、証券新聞・雑誌、投資顧問等も同様で全てがグル&俗に言う仕手というのも多くは証券自己そのものだったり、一緒にツルんでたりというものです)

○逆日歩操作も自由、大損する個人投資家

・一般投資家の目を欺くため日証金の貸借数値等、自社内で調整することができるし、逆日歩金額なども自分らで勝手に操作できる
(入札などは当然談合)

・日々の手口情報や、5本以上の板情報など、一般個人には禁止して証券会社のみ見ることができる

・とくに新興市場銘柄などは、会社設立当初からほとんど実態もなく、株を利用して儲けるだけの目的というのも少なくない。