ここから本文です

>>514085

製造責任は作った会社だからGEとか東芝とか。製造物責任はちょっと違う話だよ。
東電にあるのは設置者責任。瑕疵はたぶん無い。法令に従ってたから。
賠償を東電がしているのは、そうしないと被災者にお金が行かないから。全面免責になると、そもそも賠償すべき主体が法的に存在しなくなる。
電力会社に無限責任を付けたのは我妻栄先生の知恵だとか。懲罰賠償に近いものを付けることで善良なる管理者の義務を担保しようとしたらしい。

ま、そもそも事故が起きないことが前提の仕組みだかですからね。事故が起きたら一々電力会社が破たんするんじゃ仕組みとして危なっかしくって。

  • >>514090

    > 製造責任は作った会社だからGEとか東芝とか。
    > 製造物責任はちょっと違う話だよ。

     表面的にはね! しかし、ロッキード事件でも明るみに
    出たように、裏では国家間の取り決めがあるので国策だと
    考えている。 今でもボーイングやオスプレーを導入する
    のも、みんな国家首脳間のお付き合い。
     日本の電力会社も、そう言う意味では海外の電力会社と
    異なり、日米安保の枠組みの中に組み込まれている。
    賠償主体が東電のみというのは、どう考えても無理がある。
    民主政権は、”憎き自民党の決めた事だから” と考え、
    政府の責任逃れの為に東電に一元的責任を押し付けた。
     あの時与党が自民党であったなら速攻、東電は免責、
    被害者への賠償問題は、国家即ち国民全員で行うと宣言
    していただろう。