IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

もちろん、個人と法人向けのサービスでは、収益の規模が違うので通信の利益を直ぐにカバー出来ないと思いますが、

通信の様に自社で設備投資が不要のサービスを提供するため、リスクが少ないのと、代理店としての立ち振る舞いとして、新たなサービス提供も短期間で展開できるため、ジワジワと利益貢献するのです。