ここから本文です

楽天モバイルではドコモに回線を借りているんだから楽天は最終的にドコモと提携するものだと思っていたが、楽天がパートナーに選んだのはKDDIだった。KDDI の方がドコモより非通信事業において楽天経済圏との相乗効果が期待できると楽天が判断したためか?これでドコモ側からすれば絶対に通信事業でKDDIと楽天に顧客を奪われるわけにはいかなくなった。KDDIにとってはauから楽天に顧客が流れても楽天から通信設備を貸出す利用料を取れることに加えて楽天経済圏のユーザーをKDDI 側に取り込めるメリットもある。
楽天とKDDI がタッグを組んだことでドコモはいち早く値下げ宣言をせざる得なかったのだろうか?両社が今後どう動くのか面白くなってきました^_^