IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

最高裁は22日までに、昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反の罪で起訴された参院議員河井案里被告(46)の弁護人が保釈を求めて申し立てていた特別抗告を棄却した。保釈請求を退けた東京地裁決定が確定した。