IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

マスメディアは報道しませんが
「反日」プロパガンダの道具と化す韓国の歴史教科書
文在寅政権の発足以降、悪化の一途を辿っている日韓関係の中、文在寅政権の教育部が、今年3月から日本の植民地時代を集中的に記述した8種類の新しい歴史教科書を中・高校教育課程に導入する。
今回導入される歴史教科書は、今年の3月から入学する中学生と高校生たちに配布される。
前近代氏が25%、近現代史が75%
ところが、文在寅政権の初の検定教科書は、数千年に至る前近代史(紀元前~朝鮮時代)の内容を25%に減らし、その代わりに200年足らずの近現代史(開港期~現在)の内容を75%に増やすなど、既存の教科書から大きく様変わりしている。

様々な角度から見ても日韓関係改善の内容では無いようです、
教育、教科書から新たな反日が生み出されるかも知れません。
文政権よりの内容満載だそうです。