ここから本文です

韓国の妄想癖は理解不能である。
韓国与党は、「日本経済報復対策特別委員会」を立ち上げていたが、
この名称を「日本経済侵略対策特別委員会」に変更した。
「報復」ということばは、
「そのきっかけを韓国が作ったような印象を与えかねないから」
という配慮かららしいが、この言葉の選択も異常だ。

日本は韓国が他国へ横流ししていると思しき
半導体素材の輸出を厳格に管理するとしているだけなので
彼らがそういう不法行為を行っていないのであれば、
それを証明すればよいだけの話である。
ホワイト国除外は「世界の一般的な国と同じ手続きをふんでくださいね」
という、いわば、韓国を標準的なポジションに位置付けるものであって、
これを「侵略」と言うなら、
彼らのいう「侵略」はかなり安っぽいものだ。
日本を侵略国家として世界に喧伝したいのだろうが、
その企みの勝算は彼らの頭の中にはないだろう。
とにかく叫べばよいのだ。
反日でストレスを発散する習性である。