ここから本文です

>>724

以下引用です ちなみに足を語って勝てる訳ないので参考ですw

ロウソク足はその期間の始値と終値により、ロウソク足の形が決まりますが、始値と終値が一緒の株価だった場合は胴体のないロウソク足となります。

これを見た目から「十字線」といい、正式には「寄付き同時線」と呼びます。

どうして相場の転換期を示すのかというと、始値と終値が一緒ということは「買いたい人」と「売りたい人」のバランスがちょうどよくとれている状態となります。

下落を続けてきた銘柄がこの拮抗した状態にはいると、買いたい人が増えてきた証となるので、下落から上昇に転じる可能性が出てきます。