ここから本文です

>>1884

結局は、言い方の問題(表現の部分)だったりも するんだろうけど・・・とりあえずは...“消極的欺罔(真実を告げないこと)”を発端に、①欺罔(ぎもう)→②錯誤→③交付(処分)行為→④財産の移転という 一連の流れが説明出来てしまう関係で「刑法246条<詐欺罪>ならびに250条<詐欺未遂罪>が適用可」。
少なくとも、ノアコイン(泉 忠司氏)に至っては...ぶっちゃけ 只の詐欺事件。。。