ここから本文です

北朝鮮関連では、リンコー、伏木、兵機の3社が物色されそうですが、伏木が北朝鮮関連というのはこじつけのように思えます。
資産バリュー投資や地理的な観点から、新潟港に位置するリンコーが最も有望です。
嘗て万景峰号は新潟西港に入港していました。
中国領事館があり、ロシア極東ウラジオストクと至近距離にある新潟、そこに居を構えるリンコーの争奪戦が始まってもおかしくはありません。