IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

なかなか酷い200円近い上ヒゲで終了ですか、、、

四季報オンライン記事より

安田倉庫(9324)が続騰した。一時は1302円まで上伸し、2013年3月以来、約5年ぶりの1300円台乗せとなった。午後2時06分現在、前営業日比127円(12.65%)高の1131円と東証1部の値上がり率2位で推移している。特に個別で新規の好材料が浮上したわけではない。ただ、2月2日に、2018年3月期第3四半期(17年4~12月)の決算を発表する予定となっており、業績上振れを期待した思惑的な買いが流入している。上期の営業利益は9億8100万円(前年同期比15.5%減)で着地したが、通期計画18億5000万円(前期比28.2%減)から算出した下期(17年10~18年3月)の営業利益は8億6900万円(前年同期比38.6%減)となっており、市場サイドからは保守的との見方が根強い。このため、増額修正する可能性がある銘柄として、注目が高まっている。