IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

半値八掛け二割引とは、株式相場において上昇相場に入った銘柄の株価がピークとなって下落し始めたときに、再度買い付けるときの安値の目安とされる値段をいう相場の格言です。語源は大阪の商人たちの間で、昔から値引きをする際の値段として言い伝えられているものからきています。実際には、その相場の高値の金額を半分にし、0.8倍して、さらに0.8倍下値段で、おおむね高値から1/3の値段あたりを指しています。

今回、ピークが33円だったので下がり切った後の買い付け価格はこの格言ですら11円!

実際にはここまで急落する事自体そうそう無くせいぜい半値八掛けだろうと思います。

ところが、此度は現在なんと8円!
11円から更に3割引き?

確かに元に戻っただけと言う見方も出来ますが、社長交代して皆で期待して此度急騰した結果がこれでは、余りにもお粗末。

アンセム社長に対しての期待が大きかった分、罵倒されても仕方ないレベルだと思います。

決して一桁まで戻してはいけなかった。
有能な社長に代わったので、絶対的に戻す訳が無い!
を、余りにも簡単に裏切ってしまった!

少なくとも二桁に今すぐ復帰出来る材料を!
でないと皆居なくなってしまいます。
実はここにて罵倒している方々の大半はきっとまだまだ期待しているのだと思います!