IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

全日本空輸(ANA)は26日、12月の国際線の運航について、事業計画比で83%減便すると発表した。旅客・貨物での需要増を見込み、羽田―ニューヨークを3月以来再開するほか、羽田―ホーチミンなどを増便する。年末年始の利用増加を見込み、12月と来年1月には羽田―シアトル、成田―ブリュッセルを運航。来年1月の減便率は83%とする。