ここから本文です

JALの場合、機材を小型化していて損益分岐点が低く、空席を埋めるために無理に安売りをする必要がない。JALをがっつり利用するビジネスマンはどんなことがあってもJALを利用する。