IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

期待値が高すぎたのでショックは避けられませんが、来期見込みの内容は決して悲観する水準では有りません。落ち着いてくれば客観的評価が反映されますから、下げ過ぎれば買いだと考えます。