ここから本文です

無法の限りを尽くした
数字で「好決算」を装っても
もはやバレバレ
自称エリート役員がその日暮らしの貧民社員を大量に作り出している
そもそも、狭いエリアで個数の吐ける商業荷物と、手間暇を掛けて不在者の多い戸別配達をやってるドライバーを同じ土俵で処遇したらいけない❗ 銀座のど真ん中で集配する社員と何時間も走ってぽつんと一軒家に配達する社員とに歴然たる給与の差があったらいけない❗(インセンティブの奪い合いや職場風気の乱れ)
なぜ創業者が手渡し、在宅時配達にこだわったのか、お客さんに接するのは下請けでなく絶対ヤマト運輸の正社員でないといけなかったのか…
経営陣の猛省と奮起を期待する❗
社員が口々に会社の悪口を言う。そんな会社じゃなかったはずだ❗
かつては社員全員が胸をはれる立地な会社だったはずだ❗