ここから本文です

今日は今月に入って3度目の前日比+になり、多少ホッと致しました。日経平均寄与度も+0.48となっておりました。ところで、来週の27日(木)に株主総会があるそうですが、とても東京までは行くことはできません。一昨年の株主総会前日(6月28日)の株価は7,000円で、昨年(2018年6月27日)のそれは、8,290円と前年比約18%の騰貴に対して、今年6月19日時点の株価は、5,620円と前年比約32%の下落となっております。欧州の経済危機や米中の貿易摩擦等々、いろいろな要因が挙げられるものの、いくら頑張って仕事に取り組んでも、上司から結果が全てと言われるように、株主もきっと同じ思いでしょう。昨年の株主総会は、おそらく終始和やかで、不満を言う株主は、ほとんどいなかったかもしれませんね。さて今年は、どうでしょう?紛糾したりするんでしょうか?株主総会前日の26日まで、あと5営業日ありますので、株価が何とか6,000円台にのれば、多少なりともカッコはつくと思うのですが、そのためには地合いが良かろうが悪かろうが、1日平均80円騰げなければいけません。ちょっと、しんどいですかね。申し訳ないですが、私個人はナンピンする余剰資金がありません。 以上