ここから本文です

南海は踏切がない泉北高速線から運転士ハンドル操作不要の
ATO化により他の関西私鉄やJR西日本より時代を先取りすべきである。
動力免許一人当たり800万円や運転士手当を削減できる。