ここから本文です

◆西鉄バスが黒字路線を減便!
http://chiba-jp.work/?eid=436

 デフレ促進化させた過去の総理大臣の罪は万死に値すると思います。
1997年の橋本政権が財政構造改革基本法を制定したことがきっかけで、公共事業削減、消費増税3%→5%、無駄削減をやってきました。
 そこに、デフレを促進化させる民営化や規制緩和をしてきたことで、日本は経済成長が低迷し、中国にGDPで抜かれました。
 過去20年間で、マクロ経済政策的に正しい政策をしたのは、小渕恵三(公共事業の予算を増やした)、麻生太郎(3段ロケットで政府支出を増やした)の2内閣だけです。

 西鉄がバス運転手の賃金をUPしやすくなるように、デフレ脱却のための正しい政策をやっていただきたい。具体的には「国債増刷」と「政府支出増」の組み合わせです。それをしないで規制緩和=成長戦略と間違っていることに気付かないことが日本を不幸にしている一因です。

 地方の足が無くなっていくということについて、政治家や有識者と呼ばれる人々は、猛省して過去の言論・論説の誤りに早く気付くべきです。