ここから本文です

とうとう1,200円を割り込んでしまいましたね。自分でも、弱気で書き込んだのですが、まさかここまで下げるとは思いませんでした。せいぜい、1,300円割れくらいで考えていたのですが、全体が暴落した場面で、あまりにも値持ちが良かった反動がきているようです。他の好業績銘柄で、株価、半値くらいになったものが、ごろごろしているので、原因としては、やはり値持ちが良かったせいだと思います。

これでは、決算後の戻り高値の1,555円がせいぜいと考えます。順調に、日経平均がここかた上昇していくような相場展開になれば、株価もそれなりに上昇していくと思いますが、ある程度戻ったら、今度は、日経平均12,000円を目指すような下げも考えられます。

1,187円で窓埋め完了ですから、そろそろ買っても良い水準だとは思いますが、このまま行けば七日連続の陰線となります。まだまだ下値はありそうですが、少しずつ買っても良い水準だとは思います。PER6.9倍、年間配当利回りは、3.6%、6月の期末配当利回りは、2.5%と、そこそこの配当があるので、ここからは、下げても限定的かなとも思います。

どこかで、2,000、2,400円等と書いていた人がいましたが、株式ってこんなものです。決算が良くて株価が上昇すれば、そんなに簡単なことはありませんから。