IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>622

 細々とした決め方ではなく、もっと真剣な対応が必要では、と思います。そのほうが完全に近い形で治まりそうです。対応の小出しだと結果的には、期間が長くなり、費用もかさみます。go toなどは二兎を追う手法で真面目だと思えません。厳しい施策は、早いうちからやっておくべきでした。政府関係者や医療専門家・国民全体が甘く見過ぎました。この板でも行政専門家と思われる方から「検査などやらず手抜きが一番」「マスクなど効果がない」「インフルエンザと同じ」「経済を・・・」などの意見が堂々とたびたび出されていますが、反論はほとんど見かけません。

 クルーズ船が横浜に入港時、関西の医師が船に乗り込んで実情を調べた賢者がおられましたが、まさにコロナを正しく認識している行動で、すべての国民の知的水準が同一になれないいまの日本が残念です。

 go toは、宴会禁止条件加味のほか、検査を厳しく行うなど何かの対策があってしかるべきです。業界団体を支援は、結果的に収束が長引いて業界団体を困らすことになりました。政治・経済優先で物事を決めていき過ぎで、議論は専門家が中心であるべきです。多人数で深夜までの飲食などいつも一部の政治家が無責任集団の先頭に立っています。即刻責任を負うべきで、議員辞職でしょう。こともあろうに、与党の関係者と高級官僚とが常です。「説明責任」「丁寧な説明」などは「口先だけが見え見え」。いちいち言わなくてもそうあるべきですが、書類を書き直すなどが当たり前の官庁仕事だから我田引水的に使われているのでしょうね。

 鉄道の利用は、マスクを着用し、会話を控え、手の消毒、空気の動きに留意など自らの危機管理が絶対要件を守れば心配なしと思います。ただ、発表されているコロナ感染者数は、かなり少なめと思うべきで、「人を見たらコロナ感染者だと思え」は、よい注意でしょうか。
 ご提案の鉄道運転案は、運転本数減が混雑につながり、感染を広める恐れがあるとも感じられ、真に必要な多くの人が密の渦中に置かれることからも考える必要があると思います。議論の始めとしては歓迎する話題だと思います。路線に詳しく、よく考えておられると感じます。JR東でも社内で多角的に検討しているはずですが、鉄道事業の社会的責任を株主・鉄道事業経営の立場から自覚し、コロナ撲滅の意思の必要が広く皆さんに伝えられます。