ここから本文です

 どうにもとまらない~~~ (';') 

 注目のジャクソンホールは、吹っ飛んじゃった。こりゃあ、揺れが小さい
ディフェンシブ銘柄も、週明けは厳しそう・・・ トランプ大統領は次を模索
しているようで、何が出て来るか・・・ 

 韓国からのお客様は、かなり長期に落ち込みそうで、関係が日本経済全体に
影響しそう。修復見通せなく、落ち込んだままも濃厚。9020へは大きくない
だろうが、観光事業者には父さんが近ずいてくるかも。母さんか父さんかの岐路
は、これまでの経営力と危機管理感覚だろう。国内では「影響は少ない」が言わ
れているが、GSOMIA失効は礎石になっていたので影響は見かけよりも「実質」
が大きい。韓国大統領の視点は、10年先? を見越して北朝鮮・中国だけを
見ており、日本はもちろん米だって離れる覚悟が出来ているよう。ただ、国民
は親米色が強く、日本理解も芽生えてきている。支配層は、それが恐いのだろ
う。異常な敵対心は、それを垣間見せた。サッカー選手の不出場騒ぎは、いつの
まにか消えちゃった。中国から「カップの扱い失態」が聞こえてきて。
 我が大臣は、大使館員との話し合いの不遜な対応が映像に流れて、火に油を注
いだ。「誇り高き国民性」のカンに触れて「侮辱」という言葉で帰ってきた。
 これまでの韓国関係については、多くの国民はよくわかっていない。なんで
日本の言い分が正しいか、なぜ安倍晋三総理が「約束」にこだわり、三品目
を持ち出したのか、などなど。大臣までが「絶対に話題にしてはいけない徴用工
」をはじめに出すなど戦略のなさと緊張感の共有欠落が出てしまった。日常が
そのまま出てしまった。

 社会の繁栄は、隣人との友好・共存から始まる。この原則を自覚すれば壊れた
日韓関係は「相手がどうであれ」明るい展望が開ける。チャラチャラ訪韓する
日本人観光客や「韓ドラ」を流しっぱなしのメディアは、我が祖国を考えて
対応してほしいもの。負の話題についてもきちんと周知させる基本を忘れては
いけないと思う。