ここから本文です

>>652

おっしゃる通りだと思います。
それぞれ自分のものさしがあると思います。

要は自分を信じきって、結果的に損する分には仕方ないと腹をくくれるかどうかだと思います。

私は経験上、『方向転換しておけば良かった』と思うことよりも『自分を信じておけば良かった』と思う事の方が圧倒的に多いため自分を信じきります。

損切りするのは追証を迫られたときだけです。

『不祥事の事実が世に出たときの株価である6400円を超えるはずが無い』

そう思っています。

例え実際の株価がここから7000円まで上げたとしても、自分が間違っていたとは思いません。