IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

相鉄・東急直通線、工事の真上で連続陥没の不安

東海道新幹線の新横浜駅付近を通る横浜市の幹線道路「環状2号線」で
6月、2回にわたって陥没事故が起きた。

道路に大きな穴が開いた場所のほぼ真下は、現在建設が進む「相鉄・東急直通線」のトンネル工事現場。陥没と工事との関連ははっきりしていないが、
同直通線の整備主体である鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)は
トンネル工事を中断し、原因の調査を急いでいる。

「相鉄・東急直通線」は、2019年11月に開業した「相鉄・JR直通線」の
羽沢横浜国大駅(横浜市神奈川区)から分岐して新横浜駅・新綱島駅(どちらも仮称)を経由し、東急電鉄東横線・目黒線の日吉駅(同市港北区)に至る全長約10kmの
路線。
2022年度下期の開業を目指して工事が進んでいる。
開業後は相模鉄道(相鉄)と東急線が相互直通運転し、
相鉄線沿線と渋谷・目黒方面が1本で結ばれる。

2回の道路陥没は、建設中の同線「新横浜トンネル」の上で起きた。

最初の陥没は6月12日の午後2時半ごろ、新横浜駅から北東に約800mほど
離れた横浜市営バスの港北営業所近くで発生。
環状2号線の歩道部分から片側3車線の左側車線にかけて路面が陥没し、
鉄道・運輸機構によると大きさ約6m四方、深さ約4mの穴が開いた。

2度目の陥没は6月30日の午前5時半ごろ、1度目の現場からさらに300mほど
北東で起きた。
こちらも環状2号線の歩道部分と左側の車線にかけて路面が崩れ、
同機構によると大きさ約8×6m、深さ約2mの穴が開いた。

新横浜トンネルは、新綱島駅―新横浜駅間に建設中の地下トンネルだ。
新綱島駅側では東急東横線の下、そのほかの大部分は環状2号線の下を通過する。

同機構などは2016年8月、開業時期を当初予定の2019年4月から2022年度下期
に変更すると発表。
延期の理由は、用地取得の遅れや新綱島地区の地質が想定よりも
軟弱だったことなどだった。

相鉄・東急直通線の環境影響評価書には
「計画路線周辺にはN値(地盤の強度を表す指標の1つ)5以下を示す比較的
軟らかい地盤を厚く確認できる地点もあり、
特に新横浜駅及び綱島駅周辺で多く確認できます」との記述があり、
綱島周辺とともに新横浜駅周辺の地盤の状況に言及している。

【7/5(日) 東洋経済オンライン】