ここから本文です

ここは2017年頃は50万円超えていたのだけれど、東証リート指数の上昇にも拘わらず、値動きが冴えない。それは、ネットショッピングの伸長に伴う、商業施設の衰退が懸念されているから。
三井不動産がスポンサーだと言っても、一線級の物件はリートには売却しないで、三井不動産自体が運営しているでしょう。ここはまあ、潰れはしないけど、将来はそれほど明るくないと皆が思うから、投資口価格が冴えないのかと。