ここから本文です

>>988

①弥生は大した規模でない
②オフバランスされて投資有価証券に振り替わるだけ

じゃない?

>(すみません、自分の投稿に返信します)
>
>>前期決算に明記されていた販売用不動産(約171億円分)から、今回の売上分を差し引いた残りしか、現時点では販売用物件がないのも事実ですから、
>
>投稿が続いた流れで、少し本腰を入れて、ここ最近のIRを確認させてもらっています。
>
>(今頃ですが)その中で気が付いたのですが、子会社の合同弥生マネジメントと日本住宅開発は子会社でなくなる(連結から外れる)・・・んですね。
>
>①弥生マネジメントを清算する事で発生する経費負担があるのでは?
>
>②日本住宅開発は、前期7月末時点で、社債3,732,366千円を発行していますので、同社が仕入れた形の収益レジデンス(販売用不動産)と社債(固定負債)が、アルデプロから切り離される方針なのだと理解しました。
>
>したがって、貸借対照表上はアルデプロの販売用不動産(流動資産)は減少する(無くなる?)形になるはずです。 ※その代わりに、社債(固定負債)が無くなる。
>
>よく分からないのが、日本住宅開発が所有する収益レジデンスを、今後アルデは積極的に販促するのか?
>
>最悪、日本住宅開発が潰れたら、社債発行の際に銀行から借り入れた分を、担保として差し入れている収益レジデンスで納める形になるんでしょうか?
>
>但し、アルデとしては、日本住宅開発に19.67億円出資しているので、その分は経費負担となるのでは?
>
>そこまで計算して動いているとしたら、最終的な利益はホルダ-の皆さんが期待されているよりは圧縮される気がしました。
>
>P.S.~すみません。100%の裏が取れている考察ではありませんので、気にくわない方は、スル-して下さい・・・。