ここから本文です

節税商品販売益というフロー収益がメインであった為に、今までPERは頭打ちでしたが
これからはスーパー安定収益企業になります。
底地事業も安定収益事業です。3252を見ても。
PERは切り上がるはずです。