ここから本文です

2015年12月期は不動産売買を行わず、全ての資源をストレージに集中と言っていたが、その不動産売買を行っての上方修正ということですな。ただでさえ多過ぎる発行済み株式数を揺るがすには、もっと強烈なインパクトのある上方修正が欲しいところだが、問題は対前期比で大幅な落ち込み予想の中での今日の上方修正が、明後日の株価にどのように反映するかということですかな。