ここから本文です

「管理業務の黒船、OYO LIFE来航」
インドのOYOグループとヤフーの合弁会社が3月から賃貸市場に参入。
都内で既に2300戸を借り上げ。
コンセプトは「旅するように暮らす」
代理店を通さずスマホで簡単入居、家具家電付きIOT、シャアリングサービス(車・家事代行)利用可。
駅徒歩10分以内の賃貸物件をソフトバンクが借主とてサブリース契約。
家主のニーズに応えたサービス展開を次々と打ち出す。
シノケンの管理料等は14%と高額。
ほぼ同額で管理と家賃保証が付き、安定した収入を得られます。
7月までに不動産会社11社と提携。
賃貸ビジネスモデルの進化はスピードアップしています。