ここから本文です

久しぶりに投稿します。

現在の水準をバリューで見たら割安ではないと思います。本日前場は提灯記事がついたので偶発的に上がったものと思います。

どなたかがご指摘の通り、昨年の1Qは大変なロケットスタートで、これはいちごに売ったホテル2棟が前倒しで売れた影響です。今期1Qにおいては、マンションの利益だけでこれを凌駕することは(計算上)できません。(全棟売ったとしても大分足りません)

そのため、1Q決算前後に短期波乱は十分に予見できます。OXAMあたりのファンドが売りポジションを増やしてくることは過去の傾向からも可能性を示唆しておきます。この銘柄は上期の決算に大きく下げるクセもあります。

ただし、長期のグロースは変わらず有望です。グレートモデレーションが続く前提では、この会社の成長性が累進配当に転嫁されフェアバリューが見直されるとともに、継続的なグロースを評価する向きが優勢になるでしょう。

個人的には向こう数ヶ月は弱く、年末にかけて非常に強い動きが見られると思います。短期や信用は買いを控えて、長期を現物で握るのが懸命だと思います。