ここから本文です

>>504

補足しますと、この会社3月時点で既に債務超過です。
しかし以下推測ですが、この会社がペーパーカンパニーとしてみてください。
誰かさんAは、この会社に25億円ぐらいの現金を振り込み、自分が持っていた25億円分の保有目的の株をこの会社名義にして固定資産にしておく。つまり、この会社はAさんに対して50億円の借金をした事になり流動負債に計上。
この会社は債務超過であっても借金の取り立ても無いので倒産しないし、銀行の取り立ても無い。むしろ赤字にしておかないと税金を払う必要があるのでそのまま。資本金は当たり前ですが不要だし税金の観点から1000万円のまま。
Aさんは恐らくこういう会社を複数持っていて3億円なんて全然たいした事ないんです。たぶん。
名前の出ている会社が関係会社かも。大量保有報告で目立ってきたら他の会社を使うかもです。

問題はAさんの目的、最終着地点ですね。株が上がるのを見越して売り抜けようとしているのか、会社そのものを買って誰かに売り付けようとしているのか、果たしてどうなんでしょう??

  • >>507

    >問題はAさんの目的、最終着地点ですね。株が上がるのを見越して売り抜けようとしているのか
    >会社そのものを買って誰かに売り付けようとしているのか、果たしてどうなんでしょう??

    8月9日時点では25億だったかもしれませんが、既に99億円買ってますね。

    さて、Aさんの目的はともかく、株価が買値より下がっているのであればAさんは嬉しいはずはないでしょう。
    アルデシアという会社が事実上Aさんのペーパーカンパニーだとしても、買い単価267円に対して14円下げた今の株価は5億円の評価損です。
    Aさんの財産が5億円減った事実には変わりないのですからね。

    Aさんのために株価が上がると良いですね(棒