ここから本文です

手抜き工事で不当な利益を上げ、サブリース契約は、サブリース会社が借地借家法による保護を受けることを悪用し、家賃の減額に応じない場合は、家賃保証契約を解除するという商法。
オーナーによる国への嘆願書には物件の修繕工事が完了するまで、国によるレオパレスへの経済支援も盛り込むというが、これは筋違い。
破産は免れないだろうから、オーナー自ら修繕して、相場より格段に安い家賃設定で賃貸しするか、思い切って売却するか、どちらかになるんだろう。