IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

まさかとは思うが、2011年のような指示はないよな
これからレオパレスは修繕進めて、きれいな会社を目指すんだし


以下引用 サブリース投資マンション等被害者相談センター、楽待、ガイアの夜明けより 誤字まま

日付:2011年08月10日 水曜日 11:05PM
件名:8/16以降の営業活動について

本日も猛暑の中、皆さんお疲れ様でした。
8月原価削減金額 目標13億5,000万に対し 3億5,504万(25.7%)まで伸ばしました。

これにより 通期原価削減目標101億8,786万 に対しても 60億2,944万まで伸びました。

16日からはいよいよ我々の力が試される時です。
そこで再度8月の2課の基本方針を確認します。

1、【終了プロジェクト】の残案件は特段の理由の有る案件を除き、全て月内に決着をつける。
  その際、内容証明等積極的に使用し、通常交渉が困難な案件は「解約通知」を送付し、3ヵ月後に全室明け渡しとする。
  *実績計上は解約合意書取得時、又は引渡し時とする。

2、【10年超】の案件は TSS返金額が大きな物件を除き、通常物件は基本的に解約を前提とした交渉を行う。
  ・9月以降の本格的解約目標設定に先立ち、月内に、一定の確率で解約に持込むためのスキーム・トークフロー・業務フロー等を構築する。
   その為、8月度は実績のおよそ2割程度が解約実績となるよう各エリアで「解約トーク」を構築しつつ交渉を行う。
  ・これにより、結果として 解約を辞さない強気の交渉にて、戸/改定額を大幅に引き上げる。
  →オーナーから解約の話が出ない場合はそもそも定時額が低すぎる。

3、【10年未満】の案件は 戸/減額 の大幅なUPを目指す。
  現状、の戸/減額の平均@4,400円 を 最低でも@6,000円へ引き上げる。
  その為、エリア(県)別の最低戸/減額を決め、基準単価以下の契約は事前に副部長の承認制とする。
  となっています。

特に【10年超】は「基本解約」という意識が足りていない社員が見受けられますので、各責任者は意識付けを徹底して下さい。

それでは、楽しい夏季休暇をお過ごし下さい。
お疲れ様でした。