IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>102

レオパレスパワーは上場している訳ではないため
具体的な事は謎ですが…

官報からの情報によると

レオパレスパワー
2018年3月 4億4521万の黒字
2019年3月 3億2961万の黒字
2020年3月 4億3332万の黒字

2020年03月31日 資産合計が約145億円

この後、レオパレスがレオパレスパワーの借金約134億円を返済

この子会社は、ほぼ無借金経営状態になるものと思われます
利子負担約1億円もなくなるとして

年間5億円の黒となる会社
PBR1倍とした場合の評価額が約145億円
ここにどれだけ買収プレミアムが乗るか

レオパがこの子会社の株式を担保に資金を借り入れている可能性もある
この場合、抵当権付き不動産のように、算定価格が安くなると思われます

  • >>104

    でい太郎さん、ありがとう。
    東芝がメモリ会社を切り離したように、レオパレスもパワーを切り離して資金調達すれば、東芝のようによみがえる可能性は十分ある。
    リーマンショック時にサブリース家賃切り下げでよみがえったので、今回も4月から切り下げ交渉に入る予定でオーナーは覚悟している。
    従って、入居率が80%を切っても収支は黒字化する。
    世間的には荒療治で評判は悪くなるが、会社の存続・急回復を目指すには資金援助元の指示もあり当然の行為だろう。
    回復を確認できればオーナーへの還元を考えればいい。
    120-140円は東芝やNECも経験した株価だ。
    130円台があれば最後の買い場かもしれない。
    決して買い推奨ではありません。
    投資は自己責任で。