ここから本文です

[東京 3日 ロイター] -
三井不動産 、三菱地所 など大手不動産がしっかり。電気・ガス、陸運も高い。市場では「日経平均のPBR1倍が接近し、主力株の一部には長期資金の打診買いなども入っている」(国内証券)との声が出ている。

建設や不動産株など海外の景気動向に左右されにくい内需の一角は相対的に強さを発揮している。不動産セクターは日銀の緩和的金融政策が担保されるなか、有利子負債負担や大口の資金調達などで収益環境に追い風が意識されやすい。