ここから本文です

現在、最も信頼できる数字は、社長自ら23年3月期に射程圏内に入ると仰る、保証残高7000〜8000億円、経常50億円だと思うが、当面の株価はこの数字と、ここのオンリーワンのビジネスを市場がどう評価するかにかかっていると思う。