IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

おはようございます。

にわかラグビーファンならぬ、にわか保険評論家が多いですね(笑)

まずは、ご自身が加入している火災保険契約の約款と担保内容を
確認してから評論した方がよろしいかと。
家計保険分野では、契約者が水災不担保を選択しない限り、旧総合保険と
同様に保険金支払いの対象となります。

次に、東京海上HDの財務力をご確認ください。
リスクヘッジの手段として、再保険は当然手配しているはずです。
本業の支払余力が充分確保されているから、海外投資が可能である
と考えます。 
「海外企業買収して、保険金支払は遅れます!」など言える訳が有りません。

東京海上HDは、全力で今回の災害対応にあたりますよ。。