IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

1 座礁、毎時間436億円の損害[東京新聞]
2 航路を妨害された他の船舶所有者からも、損害賠償を請求の可能性[ロイター]
3 航海過失免責、問題があったなど、例外に当たるケースがある[日本海事新聞]
4 船体保険は日本の保険会社3社、賠償責任保険は海外のもの[日本経済新聞]
5 賠償は用船会社(台湾)ではなく船主(日本)の可能性[↓過去の例↓]

[産経引用、商船三井の時は船主の責任に]
モーリシャス沖で座礁して重油を流出させた日本の貨物船に対しモーリシャス政府は、船主の長鋪(ながしき)汽船(岡山県)や同社が契約する保険組合に賠償を請求する方針だ。なぜ、船を運航していた海運大手の商船三井ではないのか。背景には、海運会社がコストやリスクを抑える中で、国内船主と長年にわたり築いてきた商習慣がある。

保険株もってると不安かもしれませんが
賠償の限度額(いくらまで船主に補填するか)があると思う、このままスエズの損害が拡大しても、保険会社は致命傷を負わないんじゃないかな?甘い考え?

あまり気にしないでいいと思う