IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

特損案件か
賠償したらしたで今度は株主から訴えられるのかねw
=======================
弁護団はこれまでの会社側との交渉について「会社側は被害額の3割を返済するという意思は示したものの、あくまでも元社員個人による行為だとして、必ずしも責任を認めようとしない態度に終始している」としています。

会見で、弁護団の猿田佐世弁護士は「第一生命が注意義務を尽くしていれば防止できた事案であり、再発防止の観点や被害者救済のためにも、直ちに全額の被害弁償を行うよう強く求める」と述べました。

この問題をめぐっては、警察が詐欺の疑いでの告発を受理し、関係者から事情を聴くなどして捜査を進めているほか、第一生命も年内をめどに被害者の調査を終え、再発防止策などを公表するとしています。