ここから本文です

>>3189

 そういうことですね。日本円の受け取り拒否はできないですが、仮想通貨の場合は両者の合意が必要と言うこと。ただ、希少なビットコインは流通している金額はそれほど無いはず。濫造できない仕組みになっているようですから。アナーキストには非常に需要があると思います。普通の人には不要の産物かもしれないです。

ビットコイン百科事典 
http://ビットコイン.pw/articles/rkgeI

AML(anti-money laundering)とは
マネーロンダリング対策(anti-money laundering、以下AML)は、不自然な取引、振り込め詐欺などの不正口座取引、反社会的勢力やテロ資金、融資詐欺の排除など、広範囲にわたります。
 NTTデータ ジェトロニクスは、マネーロンダリング対策水準をグローバルな視点で注視しており、国際的なマネーロンダリング防止のプロ集団を国内でいち早く養成し、米国CAMSの認定を受けた専門家を擁しています。当社はシステムの提供のみならず、業務面を含めた運用管理プロセスの改革、国際水準が求めるリスクベースアプローチに基づく効果的なAML対応に関して、日本市場における現実的なAMLを支援しています。

アンチマネーロンダリング(AML)
国内のビットコインユーザーは3万人程度であり、また世界的に見てもビットコインの取引量は日間100億円相当程度。「国内では2億円程度であり、主要な上場株式の取引量と比較しても規模は極めて小さい」と話した。