IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

2021年10月15日 15時50分
決算 マネパG、上期配当を1.25円増額修正

マネーパートナーズグループ <8732> が10月15日大引け後(15:50)に配当修正を発表。22年3月期の上期配当を従来計画の2.5円→3.75円(前年同期は0.5円)に大幅増額した。下期配当は引き続き未定とした。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】

2021年9月15日公表の「2022年3月期の中間配当予想(復配)に関するお知らせ」(以下、「前回発表」)において、中間配当予想を2022年3月期第1四半期連結決算及び直近の収益状況に鑑み1株当たり2円50銭としておりましたが、2021年10月7日公表の「2021年9月次 月次概況(速報)のお知らせ」のとおり、本年9月の営業収益が前回発表時の想定を上回るレベルで推移したことを勘案し、株主の皆様のご支援にお応えするため、中間配当予想を3円75銭(前回発表予想より1円25銭の増配)とさせていただくことといたしました。当事業年度のグループ経営方針に基き、基軸事業でありますFX取引を含む「店頭デリバティブ取引」へ経営資源を集中させ、FX取引の商品性の洗練化や新サービスの開始、また、不採算事業の見直し等の「選択と集中」を推進することでさらなる業績向上を目指し、株主の皆様への継続的かつ適正な利益還元の実現に努めてまいります。当社は、企業価値の長期継続的な創出、向上が株主利益貢献の基本であるとの認識のもと、株主の皆様への継続的かつ適正な利益還元を経営の重要課題と位置づけております。剰余金の配当につきましては、親会社株主に帰属する当期純利益の30%を配当性向の目途としつつも、財務状況及び事業環境等を総合的に勘案し、中間配当及び期末配当の年2回実施することを基本方針としております。