IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

リキッドがトレイダーズに金融業界の慣習について助言を得たいなら、アドバイザリー契約で済ませれば良かったのでは(^-^)それなら、固定的な報酬にとどめられたと思う。
リキッドマーケティングのことをリキッドに助言する会社ととらえておられる方が散見されますが、リキッドの販売会社と思うのですが。
メーカーはなんちゃらマーケティングて商社持つのが常。
伊藤忠が出資してきたから、リキッドマーケティングはお役御免て結論づけている方おられますが、現時点わからない話です(^^;
リキッドは自社の技術を、伊藤忠により国内のみならず中国やタイなどアジアに広めることを期待できますが、伊藤忠と販売代理店契約を結んだわけではないし(^^;
トレイダーズのIRを読む限り、リキッドの技術が各金融機関に導入されれば、取り扱い高に応じた収益がリキッドマーケティングにも流れ込み、その2割がトレイダーズへと・・・。妄想なんすかね、これは(^-^)