ここから本文です

世界最大手のマスターカードが仮想通貨ウォレットに着手

Facebookやマスターカードが仮想通貨に参入してきてる事を考えると、暗号資産の将来は明るいね


マスターカード、ウォレット事業を視野に

米決済大手マスターカード社の新たな求人募集ページによると、仮想通貨ウォレットと決済事業を統括する3つのシニアレベルの職位を提供している。

「ブロックチェーンソリューションのディレクター」、「仮想通貨/ウォレットのプロダクト管理のディレクター」、「ブロックチェーン管理のVP」との3つの求人だ。職位の説明によると、新たな雇員は他の機能チームと共同で「フランチャイズやコンプライアンス、規制、プロダクト等」に携わる。

特筆すべきは、ブロックチェーン事業における「ウォレットソリューション」の記述だ。これにおける2つの職位は、仮想通貨ウォレットマネージメントの経験を持つことを必要とする。

現時点ではどのようなウォレットソリューションになるか明らかではないが、『リブラ協会』とのパートナーシップ(予定)はマスターカード社における、仮想通貨ウォレットのコラボレーションや独自の開発を可能にすると見られる。