ここから本文です

世界大手の投資信託がビットコインマイニング参入か

世界に2500万人の顧客を持つ投資信託

フィデリティが大型BTCマイニングプールに参加

米大手資産運用企業「フィデリティ」が新たにマイニング事業に参画する。ビットコインマイニング・プールにクライアントとして参加していることが判明した。あくまでも出資側ではなく、マイニングプールの利用側に回ることを意味している。

同社は過去にもビットコインのマイニングを一部行なっていたことを明かしていたが、今回のプール参加によって、本格的にマイニング事業に参入する可能性が見えてきた。

参加するプールを運営するビットコイン関連技術企業Blockstream社は、カナダやジョージア(国)を中心に大型マイニングセンターを新たに建設、企業向けにBTCマイニングのサービスを提供する。自社サービスでは、プール運営を含むマイニング業務も平行するほか、ビットコイン衛星やLiquid Networkなど、仮想通貨の関連技術を幅広く手がけている。

BlockstreamのCSOを務めるSamson Mow氏の発言によると、仮に自社マイニングプールにおけるASICマイナーを全力で利用すれば、7月におけるハッシュ値ではビットコインネットワークの10%ほど占める規模であるとしており、業界の中でも巨大プールの一つになることがわかる。10%のマイニングプールシェアはビットメイン社が運営するAntPoolや、F2Poolに続く規模に匹敵する。