ここから本文です

なぜかというと、昨日も書いたように、
好業績にもかかわらず、下げる銘柄が出ている。
これは、どこかで大底を見に行く姿じゃあないのか、とちょっと弱気に見ないわけにはゆかない。
天井だと、株価は安く見えるものだし、
逆に、大底の株価って、とんでもない安値まで売られてしまい、それでもまだ高く見えてしまう弱気充満の暗黒時代。
で、現在は目先、全般強気が多くなりつつあり、
楽観は、いずれあぶくのように消えてゆく運命にもあるのでね。