ここから本文です

昨今、カブコムや松井や楽天など、投信や株の売買手数料無料化を表明する投資家重視の証券会社が生まれつつあるんだお。
よく分らない投資先と通貨の外債とか自社アセットの投信とか、顧客の自己責任とバカ高い手数料と資産の高速回転を押し付けてくる企業重視の証券会社なんか誰が求めるんだお。

インターネットに普通に接してる今の人達が引退して親の資産も相続して高齢資産家になった頃に、投資家重視の証券会社と企業重視の証券会社、どっちを選ぶかなんて目に見えてるんだお。

昭和から令和にいたるまで全然変われなかった証券会社が将来その時代に見合った企業体に変われていると本当に思っている社員がどれほどいるかとても興味あるんだお(・ω・)