ここから本文です

>>167

おはようございます

ロスカットするか否か、難しいですね
個人により投資スタンス、保有ポジションが違いますので

一般的に株投資ではロスカットを徹底すべしとの考えがある一方
ナンピン買いやドルコスト法などもあります

銘柄、株価位置で考え方は変わると思います
現在の東芝などはその最たるものです

日経が週足25近辺になると雰囲気はかなり悪くなるでしょう
割り込めば全般かなり投げが出ると予想できます

株なんてそれの繰り返しです、基本的に下げが無ければ上昇もないのです

オリコの月足チャートを見て下さい、下落時月足75ラインでサポートされています
下値を切り上げ現在は190何処となっています
昨年の大統領選挙時では突き抜けましたが、、、

投げ売りの暴落局面でも止まる位置が有る。が私の考えです
下押してもすぐに戻ります、嫌なのはその位置が定位置になってしまうことですが
その時は又考えます

ホルダーにとって最悪なのは東芝のように個別に悪材料が出ることです、もしそうなれば
迷わず全力で撤退ですね

オリコにたいして強気なのは復配を発表した今、致命的な悪材料は当面出ないだろうとの思いからです
はっきり言って楽観的ですね、買いの余力が残っているからかもしれません

安値をたたくときは急激に下げ急激に戻す事が多々あります
そしてそこで底値確認となり上昇に転じる場合が多いです

達者な方は安値で売らされても気持を切り換えすぐさま買いに転換しますが売った値近辺で再度買いなどと
甘い考えでいると置いていかれます

今回この株の場合は持続がよいのではと私は思っています