ここから本文です

オリコに優先株式の買入れ方法と復配時期の提案メールを出した。2週間以上たってやっと回答があった。前回の質問では次の日に回答があったが、今回は内容が核心に触れたのか、担当者レベルでは回答できず、上層部に回答を求めたようだ。オリコからの回答は貴重な意見への感謝の言葉から始まった。優先株式の買入れ、復配に関しては公表していないので明確には示されず、その時期は適切に判断するとのいつもの回答である。ただし、文面から優先株式の買入れは2017年3月期末に剰余金が1400億を超えることで親会社みずほとの協議で2017年3月または7月に一括買入れが有力のようである。復配に関しても一過性ではなく優良企業に格上げするために安定的、継続的な配当を実施する。今までにない株主還元を強調している。日本一の総合個人金融会社の実現に向け邁進すると言う強い意志を感じ取ったことである。強固な経営基盤を築くこと、適正な自己資本の水準を確保することで復配を行うとのこと。予測では過払い金が大きく減少すれば、2017年3月期末に復配5円、または2018年度に四季報にある様に復配10円、2017年9月に5円の中間配当が有力のようだ。おそらく来年はオリコの変革の年になり、数年先にはオリコが目指す日本一の総合個人金融会社が現実化するだろう。株価も来年後期600円もあり得る。株主の方々は長期目線で来年を楽しみにして頂きたい。資産2000億に増やしたと言われる天才BNFは2年以上も長期に渡り資金51億をオリコに利益もなく寝かせている。その疑問が解けた。天才的な洞察力でBNFは来年オリコが急騰すると予知しているようだ。オリコ待てば道あり花の山