ここから本文です

前場ラストは、なかなか見応えがありましたね。
前場終値753円 -47円(前日比-5.88%)ほぼ最安値引け。
717円~722円の窓閉めもリアルな話になってきました。

それはさておき、アドア-ズも前日比-5.74%と大きく下落
比較対象とされる同業他社に比べても倍近く下がっています。
その点が少し引っ掛かります。藤澤銘柄「崩壊」のようです。

冷やかし/冗談は抜きとしてレ-ティング/目標株価の引下げは
今回の株価下落に大きく影響していることは確かでしょうね。
Jトラスト側もビットコイン等、株主に向けてのIR活動を
積極的におこなってきましたが、評価する側のアナリストも
ヒヤリング等、情報収集した上で目標株価を変更しました。
会社側のパフォ-マンスと、アナリスト取材で得られた情報、
ここに大きな食い違い、表面化していない真実があるのでは?

ここの1Q決算は既にある程度の数字は作られているはずだが、
2Q以降に膿を出して来るような気がします。同じパタ-ン!
この会社は言っている事と結果は毎回違う。違い過ぎるほど!
ビジネスモデルを含め、不透明感というか、胡散臭さというか、
嫌な胸騒ぎがし、素直にIRを鵜呑みに出来ず、危険を感じる。