IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

みなさん、こんばんは。
Jトラストが地方銀行との業務提携により保証業務を拡大させました。九州地方はKCカードにより、それ以外の地域は日本保証により業務提携を進めていく方針です。
http://www.jt-corp.co.jp/news/pdf/36/H24120301.pdf
http://www.jt-corp.co.jp/news/pdf/36/H24120302.pdf

《各提携銀行資産状況 24.3末》
東京スター : 預金残高2.1兆円 貸出金残高1.6兆円 31店舗
愛媛 : 預金残高2.1兆円 貸出金残高1.3兆円 102店舗
西京 : 預金残高9300億円 貸出金残高6200億円 63店舗
南日本 : 預金残高6500億円 貸出金残高5200億円 63店舗
宮崎太陽 : 預金残高5500億円 貸出金残高4200億円 53店舗

《Jトラスト保証業務業績》
24.6末 保証残高245億円(有担保140 無担保105)
24.9末 保証残高271億円(有担保155 無担保116)
・期中平均保証残高 258億円(有担保148 無担保110)
24.9 保証料収入4.18億円(年間16.72億円)
・保証料収入÷期中平均保証残高 6.5%

今回の2行は貸出金残高が計1.8兆円の規模であり、宮崎太陽銀行と合わせて、保証残高の積み上げは今後加速していくものと予想されます。保証残高については今期末540億円・来期末1000億円・10年後1兆円を計画しており、今期末で35億円(540億円×6.5%)・来期末で65億円(1000億円×6.5%)の増収効果が見込まれます。

提携先を増やし、企業としての信用力も高まってきたJトラスト。年初来高値を更新し、次なるステージに期待がかかります。